40代の転職には謙虚さが必要

40代の逆転劇

Special

2017/03/10

転職が厳しい40代には「謙虚さ」が必要

転職が厳しい40代には「謙虚さ」が必要

40代の転職は様々な理由から難しいと言われています。現在の仕事に悩みを持っていて転職をしたいと考えても、家族の事や転職失敗のリスクを考えてなかなか踏み出せないという人も多いでしょう。そこで、ここでは40代の転職が難しいと言われる具体的な理由と、転職を成功させる為のコツを紹介します。

40代転職が難しい理由

まずは、40代の転職が難しい理由を挙げていきます。
40代にもなれば豊富な社会経験があります。それに伴ってある程度仕事に対する自信を持っている人も多いでしょう。そしてその経験を転職先でも活かす事が出来るだろうと考えてしまいますが、こちら側が持っている経験と、採用企業が求めている経験の内容が実は一致していなかったというケースが少なくありません。転職後に、イメージしていた仕事内容と違ったという事態にならないように注意しましょう。
また、20代が持っている将来性や成長性とは違い、40代の場合は高度な技術や知識と言った即戦力としての部分を求められています。採用のハードルが高く設定されている上に、上述のようなミスマッチが起こってしまうと非常に厳しい状況に陥ってしまいます。
新しい仕事にチャレンジする場合でも、やはり若い頃と比べれば体力や記憶力が衰えてきます。仕事を覚えるのにも時間がかかりますので、その点を採用企業側も懸念しているという実情があります。

謙虚さがカギ

では、このように厳しい状況の中で転職を成功させるには何が大切になって来るのでしょうか。
まず、「謙虚さ」を持ちましょう。仮に転職が決まった際に、新しい職場には年下が多くいて、その人達は皆仕事の先輩となります。そのような年下の先輩に対して無駄なプライドを持たず、謙虚に学ぶ姿勢を忘れないでください。あなたの方が人生経験豊富である事は間違いありませんが、職場における仕事の経験はあなたが一番ありません。この謙虚さが無ければ、年下に指示されるのが耐えられないと言った理由で退職してしまいかねません。
また、イメージしていた仕事とのミスマッチが無いように、転職活動は手を抜かずにじっくりと取り組みましょう。現状に不満を持って焦って転職活動を進めてしまえば、当然失敗する確率は高くなります。自分だけでは無く家族の生活もかかっているのであれば、そのようなリスクは絶対に避けるべきです。今までの経験がちゃんと活かす事の出来る、あるいは異業種でも問題なく取り組んでいく事が出来る職場を見極めましょう。当然給料も大事になってきますし、その他にも重視すべき項目は多くあるはずです。今の職場でストレスや悩みを抱えながら転職活動を行うのは非常に大変な事ではありますが、後々取り返しのつかない事態になるよりは、今はしっかり耐えて満足出来る環境を手に入れる為に邁進する姿勢が大切です。