40代の転職にはきちんとした計画性が必要

40代の逆転劇

Special

2017/05/12

事前にきちんとした転職計画を練ろう

事前にきちんとした転職計画を練ろう

転職を考える40代へ向けて、適切な転職のタイミングを紹介します。また、どのように計画を立てて転職活動を進めていけばいいのかというポイントも紹介します。効率良く確実に転職を成功させる為にも、ぜひ参考にしてください。

転職のタイミング

転職市場では、一年間を通して満遍なく求人が出ているという状況は無く、求人が増える時期というものが存在します。具体的には退職者が多く出る賞与後や年度末のタイミングです。ではその時期に転職活動を行うのがベストなのかと言いますと、必ずしもそうとは言えません。なぜなら、求人が増えるのと比例して転職活動を行う人も増える為、倍率としてはそこまで変わらないといった場合もあるからです。
そこで大事になってくるのが、自分自身の市場価値です。もし同業種への転職を考えているのなら、今の仕事で大きな成果を上げたり、未経験の職業への転職であっても、事前に業務に必要な資格を取得するなどある程度の「準備」をして、その実績を武器にする事が出来れば自身の市場価値は上がります。焦らずこういったタイミングを図ってから転職活動を始める事が出来れば、仮にライバルが多い状態でも一歩リードして転職活動を進める事が出来るでしょう。見切り発車で始めても成功を掴むことはできません。しっかりと希望する業界の市場を調査して、可能な限り有利な状況を作るように努めましょう。

自己分析の重要性

40代の転職はリスクが多いものです。仮に転職した後に「この職場への転職は失敗だった」と感じても、またすぐに転職活動を行う事は難しいでしょう。そのような後悔を招かない為にも、まずは自己分析をしっかりと行いましょう。ここで注意したいのは、自己分析は自身の価値観を改めて確認し、確立する為に行う事で、転職活動におけるアピールポイントを探す事では無いという点です。自身の価値観を明確に把握し、何を優先して転職をするのかという目線が必要です。
実際に自己分析を行う際には、自身のキャリアを改めて振り返る作業も並行して行いましょう。自身だけで上げた成果だけでは無く、集団でプロジェクトを進めていく中でリーダーや管理職として関わっていた場合も見逃さないようにしてください。その振り返りの中で、自身の価値観に合うポジションはどういったものなのかという発見があるかもしれません。具体的な方法として、自身のキャリアを書き出して、関わってきたプロジェクト一つ一つに満足度を付けていくとより明確に自身の価値観を確認する事が出来ます。

計画を立てる

転職計画で重要なのがスケジュールの設定です。40代の場合は若い頃は違い、転職先に求める条件も多くなるでしょう。また、その限られた候補の中で面接まで進む為にもやはり時間がかかります。その為、予め転職活動に必要な期間を想定して、その中でどのようにスケジュールを進めていくのかという管理体制を整えるようにしましょう。一般的には、4ヶ月~6ヶ月程で転職活動を完了させる事を目標にするケースが多いようです。また、計画通りに進まなくても、なぜ上手くいっていないのかをしっかり振り返り、修正しながら柔軟に計画を立て直していく事も必要です。